滝上町図書館 Takinoue Town Library

滝上町のHPへ戻る 童話村たきのうえ子ども読書活動推進計画 デジタルライブラリー
北海道地図
開館時間午前10時~午後6時
休館日毎週月曜日・国民の祝日
年末年始(12月31日~1月5日)
所在地〒099-5605 滝上町栄町(文化センター内)
TEL:0158-29-3735 FAX:0158-29-5012

お知らせ一覧

  • コミュニティカフェ「ZOOMを使いこなそう STEP UP!編」

    2020年11月25日(水)

    11月21日、教育委員会生涯教育課社会教育係の清原係長を講師に迎え、
    先月の「ZOOMとは何ぞや?」→アプリを入れて登録→会議に参加して発声してみる、から
    もう1ステップ上がるため、再度会議に参加、ミュート、画像のON・OFFの仕方などを学び
    広い文化センターの各部屋に移動して、実際に会議形式で発言しあいました。
    IMG_1321-1
    今回参加してくださったみなさんは、「リモートで研修会に参加したい」
    「コロナ禍だけど、こんな研修会をやってみたい」などの目標のあるみなさんでした。
    IMG_1325-1
    実際に自分のスマホやタブレットを操作してみて、「これなら繰り返せば覚えられそう!」
    「なかなか面白いね!」と手ごたえを感じてくださったようです。
    次回は12月19日(土)午後2時から「全集中!ZOOMの極意」として、最終段階に入ります。
    興味のある方は、図書館までお問合せください。

  • 童話村たきのうえ読書感想画・感想文コンクール表彰式

    2020年11月6日(金)

    11月1日(日)、滝上町文化センター2階に郷土出身作家の小檜山博先生の文学館が開館し、
    その記念セレモニーの中で、長年特別審査員を務めてくださっている小檜山先生の前で
    表彰式を行いました。
    AQGH9650-1
    今年の小檜山博賞受賞者は濁川小学校の木村詩音さんが受賞しました。
    いつもより大きな会場での表彰式に児童・生徒は緊張を隠せません。
    IRPQ6787-1
    小檜山先生から「人の気持ちを思いやることが生きるためには大切で、
    その想像力は経験と良い本を読むことで培われます。」と言葉が贈られました。
    IMG_1133-1
    図書館では11月14日(土)まで読書感想画展を開催しています。
    ぜひ、ご家族でご覧ください。

  • コミュニティカフェ「ZOOMを使いこなそう!」

    2020年10月23日(金)

    10月17日(土)、コミュニティカフェでは社会教育係長の清原尚弘さんを講師にお迎えして
    大阪のイベント会社メディア21のご協力のもと、事業所とZOOMの学習会を行いました。
    IMG_1065-1
    「興味はあるけど、アプリを入れていない」「英会話で使わなくちゃならない」
    さまざまな事情を抱えた町民のみなさんがご自身のスマートフォンをもって集合しました。
    まずは、ZOOMがいかに便利な機能があるのか、どんなことができるのか説明を受け、
    その後、実際にアプリケーションをインストールし、ミーティングに参加してみました。
    IMG_1069-1
    らくらくフォンのセキュリティが強固で全然メールが届かない、
    スマートフォンを買ってから電話と写真機能しか使っていない、
    想定以上の問題が噴出してんやわんやしましたが、なんとか全員インストールを完了し、
    ZOOMの会議に入室し、画面上であいさつをすることができました。
    次回のZOOM学習会は11月21日(土)午後2時から、1回目のおさらいをして
    簡単な使い方をマスターしましょう。
    そして、12月の学習会ではもう一度大阪の事業所と回線をつなぎ便利な機能を習得します。
    参加を希望される方は、滝上町図書館までご連絡ください。

  • 子ども英会話 Halloween Party 2020

    2020年10月21日(水)

    子ども英会話ではアメリカの文化を体験するためにハロウィンパーティを開催していますが、
    今年は新型コロナウイルス感染症予防のため、外には出ず、文化センターの中でTrick or Treatをしました。
    IMG_0943-1
    20名の参加児童は4つのグループに分かれ、文化センターの3つの部屋をノックします。
    どんな人が出てくるのかわかりません。少しドキドキしながらお菓子をもらいました。
    IMG_0977-1
    もらったお菓子を食べるSnack Time。
    今年は鬼滅の刃が人気で、竈門禰豆子や栗花落カナヲに仮装してとても可愛らしい様子でした。
    ALTのジェイさんは子どもたちに「冨岡義勇だーー!」と声をかけられていました。
    IMG_0983-1
    お菓子を食べてひと休みした後はグループ対抗で
    Mummy Suck Race(トイレットペーパーで足を固定して走る)や
    Pumpkin Drop Game(小さなかぼちゃを筒の上に載せて走る)のリレーしました。
    まずはグループのリーダーがトイレットペーパーで足だけミイラにして走ります。
    IMG_1005-1
    グループ対抗ゲームはさらにつづきます。
    今度は図書館へ場所を変えてSkelton Scavenger Hunt(骸骨探し)です。
    IMG_1019-1
    9ピース全部見つけたチームはパーティ会場に戻って骸骨を組み立てます。
    早く戻ったチームはのんびりさきほど食べ残したお菓子を食べて待っています。
    IMG_1030-1
    さあ、すべてのゲームが終了しました。
    ジェイさんが作ってくれたPoke the Pumpkin(かぼちゃの形したくじ)を
    勝ったグループから順に選んでいきます。
    勝ったグループに必ずしもいいものが当たるわけではないところが面白いゲームです。
    中にはアメリカのチョコレートバーか虫のおもちゃが入っていました。
    パーティの間もずっとマスクをして、食べる前には除菌シートで手指消毒、
    でも、子どもたちはとっても楽しそうでした。
    次回の子ども英会話は11月5日(木)を予定しています。

  • 第25回図書館まつり、無事終了しました

    2020年10月8日(木)

    今年は新型コロナウイルス感染症の影響で開催が危ぶまれていましたが、
    例年よりも規模を縮小し、町民による町民のための図書館まつりとして
    10月3日(土)開催いたしました。
    正面玄関ではボランティアスタッフが立ち合いのもと、全員の検温と手指消毒を徹底し、
    箱に代表者名と人数、連絡先を書いてもらったメモを入れてもらいました。
    会場では1時間に1回、裏玄関を開放しサーキュレーターで空気を循環させました。
    コロナ対策も万全です!
    IMG_0856-1
    古本市は例年どおり行うことができました。楽しみにしてくださった町民の方が大勢来場し、
    268冊の本が販売され、収益金は町の収入となり未来の教育に役立てられます。
    IMG_0863-1
    幼児から小学校高学年まで人気だったのがストロー工作のコーナーです。
    とくにストローを短く切ってアイロンで固めるコースター作りが人気で
    ハートやにんじん等のかわいらしい模様のコースターがたくさんできました。
    IMG_0872-1
    たくさんの人が来てくれたので、急遽「わくわく!図書館ビンゴ」を開催!
    景品は除籍した児童書と職員の私物のお菓子。
    小学生からおとなまでたくさんの人が参加して、会場は熱気に包まれました。
    IMG_0877-1
    そして、4時からは読みきかせボランティア「メガネの会」による読み聞かせ会です。
    「とことん!ぐりとぐら」と題し、ぐりとぐらの絵本の読みきかせと
    一度食べてみたかった、あのカステラの試食会を行いました。
    IMG_0879-1
    メガネの会はこの日のためかわいらしい耳の付いた赤と青の帽子を用意し
    ぐりとぐらになりきって参加してくれました。これはぐりとぐらカルタの時の様子です。
    IMG_0883-1
    最後は図書館の日本十進法をヒントに本を探してクイズに答える「図書館クイズ」。
    30問の問題を用意しましたが、あっという間に答えられてしまいました。
    IMG_0885-1
    これを機会に小学生のみんなも分類法をマスターしてくれるといいな。
    今年は92名の町民に参加していただくことができました。
    これもひとえにストロー工作を指導してくれた竹内さん、
    読みきかせでカステラを準備してくれたメガネの会のみなさん、
    10名もの大人数で朝から晩まで古本市の準備から販売、検温・手指消毒を手伝ってくれた
    ボランティアサークルのびるのみなさんのおかげです。
    ボランティアの町民のみなさん、参加してくれた町民のみなさん、
    本当にありがとうございました。

  • コミュニティカフェ「おりがみポチ袋講座」

    2020年09月29日(火)

    9月26日(土)、元町在住の市原志津江さんを講師にお招きして、
    一生使える鶴などがあしらわれた折り紙で作れるポチ袋の折り方を学びました。
    参加希望の方がたくさんいらしたので、午前と午後に分けての実施です。
    IMG_0820-1
    「こんな折り方でいいのかしら?」と不安そうな参加者にも
    「大丈夫よぉ」と励ましながら一人ひとり丁寧に教えてくださいました。
    3種類の折り方をまずは無地の折り紙で折り目をよく見ながら、
    2度目は好きな柄の折り紙を選んで2回ずつ練習しました。
    IMG_0828-1
    午前の部は小学生や親子連れなど幅広い年齢層の6名が参加しました。
    IMG_0832-1
    午後からは場所を児童書コーナーの丸テーブルに移しました。
    丸くなってみなさんの手元が良く見えるようになり、わいわいと楽しい雰囲気です。
    IMG_0836-1
    こちらも3種類を2度ずつ折り、7名の参加がありました。
    マスク着用のまま、風の冷たい日で気温も10℃前後しかありませんでしたが時折換気しながら、
    新型コロナウイルス感染症予防に努めながら実施しました。
    午前と午後、長時間にわたりご指導くださった市原さん、ありがとうございました。

  • 小檜山博文学館オープンのご案内

    2020年09月18日(金)

    11月1日(日)、郷土出身作家・小檜山博さんの文学館が
    滝上町文化センター2階にオープンします。
    小檜山博さんから寄贈していただいた3700点以上の資料のなかから
    滝上町との関わり、文学者との交流、ファンとのつながり等のテーマで
    愛用品や古い日記や写真なども含めた貴重な品々を展示します。
    また開館を記念した講演会も行います。
    こちらに参加を希望する方は事前の申し込みが必要となります。
    詳しくは、下記のチラシをご覧いただき、10月16日(金)までにご連絡ください。
    小檜山博文学館開館案内チラシ
    なお、図書館に展示していました郷土出身作家コーナーの小檜山博さんの資料は
    文学館開設準備のため、ただいまご覧いただけません。ご了承願います。

  • ひさしぶりの「手づくりあそびの会」

    2020年09月6日(日)

    9月5日(土)、図書館ではひさしぶりに手づくりあそびの会を行い、
    子どもの村の徳村杜紀子さんの「もり(木+水+土)で遊ぶ2」(雲母書房)を参考に
    5色の刺しゅう糸でミサンガを編み、疫病退散にご利益があるというアマビエのぬりえを
    して遊びました。
    IMG_0718-1
    コツをつかむまではうまくできているか不安だった子どもたちも
    続けるうちにキュッとしまった美しい編み目のミサンガを編んでいました。
    IMG_0722-1
    ミサンガに飽きたら、ぬりえに集中します。
    パステルカラーのかわいらしいアマビエになりました。
    IMG_0725-1
    会の終わり頃、中学生のお姉さんが来て、結び編みのミサンガを編んで見せてくれました。
    「途中で手を休められるし、簡単だよ。」
    次回はぜひ、結び編みのミサンガにも挑戦してみましょう。

  • minchi「にゅうしちゃん」絵本原画展はじまりました!

    2020年09月2日(水)

    かわいくてちょっぴりダークな作風の気鋭の絵本作家・minchiさんの絵本原画展が
    図書館の複合施設である滝上町文化センターで始まりました。
    IMG_0678-1
    細部まで丁寧に書き込まれたかわいらしい世界観で、
    お子さんだけじゃなくおとなの方にも大変好評をいただいております。
    IMG_0687-1
    今回は特別にminchiさんの私物である大切な「にゅうしちゃんぬいぐるみ」も
    お貸しいただくことができました。
    歯みがきあそびを楽しみながら、親子で歯磨きの大切さを学ぶこともできます。
    こちらの貸出は図書館開館中のみとなりますので、午前10時~午後6時にお越しください。
    IMG_0688-1
    おとなの方にも細部までこだわって作られたぬいぐるみに感動していただいております。
    「わ~、はぶらしにも顔が付いてるんだ。これは、かわいいね。」
    開催期間は9月15日(火)午後4時までとなっております。
    ふだんなかなか目にする機会の少ない美しい絵本原画をぜひこの機会ご覧ください。
    にゅうしちゃん原画展チラシ
    大切な作品を快くお貸しくださったminchiさん、開催にご尽力いただいた岩崎書店の松岡さん、
    ご協力ありがとうございました。

  • 除菌ボックス、ご利用ください!

    2020年08月21日(金)

    新型コロナウイルス感染症予防の一環として、除菌ボックスが図書館に入りました。
    借りた本を家に持ち帰る前に除菌をすると安心です。
    使い方もとっても簡単です。
    IMG_0592-1
    取っ手をつかんで扉を開け、除菌したい本を入れます。
    (1冊ずつ重ならないように気をつけてください。)
    IMG_0596-1
    右上にある青い丸ボタンを押します。
    45秒で除菌は完了!左上ののぞき窓から光が消えたことを確認してください。
    (青い光はあまり見過ぎないように気をつけましょう。)

↑ページトップへ